HOME > 事業内容 > 産業廃棄物処理事業
タイトルイメージ

産業廃棄物処理事業

  産業廃棄物収集運搬業   産業廃棄物中間処理業  

産業廃棄物収集運搬業

多種多様な産業廃棄物の収集運搬に対応できるように、幅広い種類の収集運搬車両を有しており、 沖縄を除く九州全県に加え、山口、広島、岡山、島根までの収集運搬業許可を有しております。
脱着装置付コンテナ専用車
脱着装置付コンテナ専用車

廃棄物漏洩防止に配慮した電動天蓋付き水密性ダンプコンテナも所有しております。

 
ダンプ車
ダンプ車
廃棄物漏洩防止に配慮した電動天蓋付き水密性ダンプ車です。
 
バン(ウイング車)
バン(ウイング車)
荷物室の側面を開けることができるため積載・荷役効率に優れており、運搬中の積荷保護の面でも優れております。
キャブオーバ(平ボディ車)
キャブオーバ(平ボディ車)

重量物の荷役がスムーズに行える 

パワーゲート車や吊り上げが可能なユニック車を所有しております。

 
塵芥車(パッカー車)
塵芥車(パッカー車)

積み込み時に圧縮・減容するため

大量の廃棄物を積み込むことが可能です。

 
冷蔵冷凍車
冷蔵冷凍車
感染性産業廃棄物の腐敗防止のために荷物室の温度を低温で維持することが可能です。
タンク車
タンク車
廃油回収車輌の他に再生燃料を納品するローリーも所有しております。
 
トレーラー
トレーラーダンプ

天蓋付き水密性コンテナにて燃え殻や汚泥などの廃棄物を一度に大量に運搬することが可能です。

 
清掃車(強力吸引作業車)
清掃車(強力吸引作業車)

空気の流れと真空圧により、固体や

液体を、深所や遠距離から強力に

吸い込むことが可能です。

高圧洗浄車
高圧洗浄車

高圧に加圧した水を噴射させることにより下水道管路、側溝、タンク、熱交換器などの洗浄が可能です。

 
 
 
 
   

【産業廃棄物収集・運搬業許可】

許可自治体 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県  広島県 山口県  岡山県 島根県
廃棄物の種類 燃え殻 汚泥 廃油 廃酸 廃アルカリ 廃プラスチック類 紙くず 木くず 繊維くず     動植物性残さ ゴムくず 金属くず ガラス・コンクリート・陶磁器くず がれき類 ばいじん  動物のふん尿 鉱さい

【特別管理産業廃棄物収集・運搬許可】

許可自治体 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県  広島県 山口県 岡山県 島根県
廃棄物の種類 廃油 廃酸 廃アルカリ 感染性産業廃棄物 廃石綿等 特定有害燃え殻  特定有害汚泥     特定有害廃油 特定有害廃酸 特定有害廃アルカリ 特定有害鉱さい 特定有害ばいじん     特定有害13号廃棄物 引火性廃油 ダイオキシン類

産業廃棄物中間処理業

  • あらゆる廃棄物に対応できるように、当社では20の中間処理施設を設置し、廃棄物の無害化、
  • リサイクル率の向上に努めています。是非1度、工場施設見学へとお越しくださいませ。

 

 

 
乾溜ガス化焼却施設

安定した燃焼温度コントロールにより、ダイオキシン類やCO等の有害物質の発生を抑制します。
また、排熱は当社のBDF製造施設に利用しております。

 

 
中和、脱水施設
中和施設と脱水施設の一貫ラインで廃酸・アルカリの中和と汚泥の脱水処理を行います。
処理後の汚泥はセメント原料の代替品としてリサイクルしております。
 
油水分離、造粒固化施設

含油汚泥や油水を比重分離し、分離した浮上油は当社の再生燃料原料として使用します。
処理後の汚泥はセメント原料の代替品としてリサイクルしております。

再生燃料製造施設
鉱物系の廃油(エンジンオイル、作動油等)、不凍液や廃シンナー、廃食用油等を原料に3種類の再生燃料の製造と販売を行っております。

 

 
 
プラスチック類リサイクル施設

廃プラスチック類の形状に適した設備でリサイクル処理を行います。
処理後の廃プラスチック類はRPF

(固形化燃料)の原料や、セメント原燃料としてリサイクルされます。

 
 
発酵施設

食品工場などから排出される排水処理汚泥や食品加工残渣の発酵処理を行います。
処理後残渣は肥料の原材料として販売を行っております。

【産業廃棄物】

処分の方法 廃棄物の種類
焼却

汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)紙くず、木くず、

繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず

熱処理 金属くず、ガラスくず等(以上2品目については自動車等破砕物を除く。)
脱水 汚泥
中和 廃酸、廃アルカリ
固液分離 廃油(シリコンスラッジ、微粉体を含むものに限る。)
油水離 本社工場 廃油、汚泥
分離 第2工場
廃プラスチック類、金属くず(以上2品目については自動車等破砕物を除く。)、紙くず、繊維くず
破砕

廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず等(以上3品目については自動車等破砕物を除く。)、紙くず、木くず、繊維くず、ゴムくず、がれき類

造粒固化 燃え殻、汚泥(無機性汚泥に限る。)、鉱さい、ばいじん
切断 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)、ゴムくず
調質 廃油、汚泥、廃アルカリ
混練

廃酸、動物のふん尿(以上2品目は発酵処理したものに限る)、燃え殻、汚泥、廃油、鉱さい、

廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)、木くず、動植物性残さ(発酵処理したもの、乾燥穀物、乾燥茶葉に限る)、ばいじん

エステル燃料化 廃油(廃食用油に限る)
切断分離 廃油、廃プラスチック類、金属くず(以上3品目については廃オイルエレメントに限る)
発酵 汚泥、廃油(廃食用油に限る)、廃酸、木くず、動植物性残さ、動物のふん尿

【特別管理産業廃棄物】

処分の方法 廃棄物の種類
焼却

廃油(揮発油類、灯油類及び軽油類に限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)、

感染性産業廃棄物

中和

廃酸(水素イオン濃度指数2.0以下のものに限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)、

廃アルカリ(水素イオン濃度指数12.5以上のものに限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)

調質 廃油(揮発油類、灯油類及び軽油類に限り、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)
各地域での許可に関する詳細内容は産廃情報ネットで公開しています。 

「産廃情報ネット」へ