HOME > フチガミの強み > 環境貢献の取り組み
タイトルイメージ

環境貢献の取り組み

ISO14001の認証・取得

 

当社は、2004年に産業廃棄物のリサイクル推進による資源循環型社会の実現を目的として、ISO14001の認証を取得しました。

     ※認証機関変更の為、登録日が変わっています。

環境方針

基本理念

株式会社フチガミは、産業廃棄物の収集運搬と中間処理を一貫して行い、また各工場の産業設備やタンク等の清掃管理及び危険物貯蔵施設の各種点検等を行うことにより、地域の環境保全に総合的に取り組んでいます。
 
当社は今日までに培った環境メンテナンス技術をもとに、あらゆる可能性を信じてリサイクルを推進して資源循環型社会を実現したいと考え、『経済社会と地球規模の環境保全の両立』をテーマに、以下の方針に基づき全従業員が一丸となって環境管理活動に取り組みます。

方針

1 当社の活動、製品、サービスが関わる環境側面を常に認識し、汚染の予防に努め、顧客及び地域住民に安心してもらえる企業を目指します。
2

環境方針、環境目的を定めて環境保全活動を推進します。これらは定期的に見直し、従業員に環境意識向上のための啓発運動を行うことで、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。

3 当社に関わる環境関連法規、条例、規制等を順守します。
4 以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
  (1) 排ガス、排水による環境負荷の低減
産業廃棄物処理施設の管理徹底、地球温暖化防止対応製品の使用推進により、排ガスや排水による環境負荷の低減に努めます。
(2) 中間処理技術の向上
当社の産業廃棄物処理施設の整備により、環境負荷を軽減させる中間処理を推進します。
(3) リサイクルの推進
産業廃棄物の新たなリサイクル、新エネルギーの生産に取り組みます。
(4) 地域及び社会への貢献
廃棄物処理業である当社の特徴を活かし、地域及び社会への貢献活動を実施します。
 
5 環境方針は全従業員に周知します。また、一般の方にも開示します。

バイオディーゼル燃料による地球温暖化防止

 

 

当社のバイオディーゼル燃料は、廃食用油を精製して作る

「B-100」と、軽油にB-100を混合した「B-5」の2種類があります。

植物由来の燃料を使用することで地球温暖化防止に貢献しています。

  バイオディーゼル燃料(B-5)とは?

 

 

 

環境省 オフセットクレジット(J-VER)制度の認証取得

 

当社のバイオディーゼル燃料事業は、環境省によるオフセット・クレジット(J-VER)制度(現在のJ-クレジット)に基づいた温室効果ガス排出削減・

吸収プロジェクトに登録されました。
「廃食用油由来のバイオディーゼル燃料の車両等における利用」での認証としては九州で初めてのプロジェクトとなり、660t-CO2のクレジットを取得することが出来ました。

 

 

カーボンニュートラルとは?

太陽光発電

 

 

当社では石油などの化石燃料の消費を減らし、二酸化炭素の発生を抑えることを目的に

自然のエネルギーである太陽光を使う太陽光発電に取組んでおります。

 

当社の年間発電量で、一般家庭のおよそ5000日分を賄うことができます。